特殊車の買取りについて知っておきたいこと

車というのは基本的に資産的価値が高いものであるため、買取においても意外と気を使うことが多いです。

実際、ただ車さえ持っていれば、買取サービスを自由に使えるというわけではなく、事前に色々と必要な書類を準備したりしておく必要があるのです。

前述したとおり車は資産的価値があるため、売買するとなればそれなりの大金が動くことになるため、受け渡しや取引が慎重になるのも当然の結果であると言えます。

ですが、世の中には何事にも例外があるように、車においては資産的価値がほとんどつかないような特殊なケースだってあるのです。

具体的には、何年も乗り回しているため、まともに動くか怪しい車だったり、あるいは被害者か加害者は別として、とにかう事故に巻き込まれた経験がある車などです。

そういった車は、本来なら資産的価値が高いはずの自動車であっても、売価が二束三文になることは決して珍しいことではありません。

場合によっては買取を受け付けてもらえず、廃棄処分を勧められたりすることもあるぐらいであり、そういった特殊なケースの車は、むしろ安値とは言え買取してもらえる方が運が良いと思うべきなのです。

ともあれ、いくら二束三文の買い叩きになるとはいえ、それでも自動車を売ることには変わりないため、売る際に色々と必要な書類があります。

具体的には車検証や自賠責保険証だったり、自動車登録専用委任状や自動車登録専用譲渡証明書などの書類を準備しておく必要があるのです。

また、実印と印鑑証明書も必要になります。

ページの先頭へ